カナタの自作PC挑戦記

カナタの自作PC挑戦記

初めての自作PCに挑戦!自作PCを組むための情報を集めてます。

自作PCを格好良く!色で選ぶPCパーツ

こんにちは
カナタです。🤖


今回は通販サイトで、自作PCパーツを眺めていて思い付いたことを書いていきます。


自作PCのパーツには、色が付いている物がいくつもあります。だからパーツを同じ色で統一させると格好いい自作PCが作れるんじゃないかなってね。


たとえば、

f:id:kanatapc:20190506110132j:plain

MSIマザーボード
B450 GAMING PLUS


赤と黒とデザインが格好いいマザーボードです。

これに、


f:id:kanatapc:20190506093436j:plainf:id:kanatapc:20190506093426j:plain

CORSAIR
TEAM

この2枚のメモリのような、赤と黒のデザインのメモリを使い
さらに、


f:id:kanatapc:20190503073807j:plain

MSI
GeForce GTX 1060

この、赤と黒のデザインのグラボを使えば、赤と黒で統一された格好良い自作PCが出来そうです。



他にも、

f:id:kanatapc:20190506100702j:plainf:id:kanatapc:20190506100716j:plain

GIGABYTEマザーボード
PATRIOTのメモリを使って、シルバーで工業製品風にしたり、オリジナリティのある自作PCが作れそうです。


色で統一したり、あえてバラバラにしたり、せっかく自作PCを組むんだから、こういったオリジナリティのある自分だけのPCを組んでみたいですね。

自作PC初心者が考えるPCモニター

こんにちは
カナタです。🤖


今回はPCモニターを選んでいきます。


f:id:kanatapc:20190504094555j:plain


今まで使っていたノートPCが壊れて、自作PCに移行することにしたので、新しくPCモニターが必要になりました。


液晶テレビをPCモニターとして使用する手段もありますが、家具の位置的に液晶テレビの近くにPCを置くのが難しそう、という理由でPCモニターを購入することにしました。


PCモニターを購入する上で一番重要視するのが、おそらくPCモニターのサイズです。


PCモニターの性能が気に入っても、PCモニターのサイズが思っていたより、大きかったり、小さかったりすると不満がでそうです。


なので、まずはPCモニターのサイズから選んでいきます。


PCモニターは、21~24ぐらいのサイズが人気みたいですね。これ以上大きいと、PCモニターから距離をとる必要がでてきそうです。


机にキーボードを置いて、その後ろにPCモニターを置いて使用する予定です。自分とPCモニターの距離が近めなので、大きすぎても困ります。


しかし、せっかくノートPCから、デスクトップPCに移行するんだから、大きめモニターを使ってみたいです。悩み処です。


置く場所に困らない程度に、ちょっと大きめのサイズのPCモニターを使ってみたいので、人気のサイズである21~24から、さらに絞って23~24サイズにして、あとは性能で決めようと思います。


本当はPCショップなんかで、実物をみて購入するサイズを決めた方が良さそうなんですけどね。近場にPCショップとかが無いので、適当な感じの決め方になってます。



そして次はPCモニターに使用されているパネルの種類を決めます。

IPSパネル
・TNパネル
・VAパネル

他にもあるみたいですが、人気の高いこの3枚の中から選びます。


それぞれのパネルの特徴は、

IPSパネル
視野角が広い
色の再現性が高い
応答速度がやや遅い

・TNパネル
応答速度が速くてゲーム向き
視野角が狭い

・VAパネル
応答速度が遅い
視野角が狭い(TNパネルよりは良い)

などです。

VAパネルはあまり性能が良くないみたいですね。


ゲームを重視するならTNパネル、それ以外はIPSパネルを選んで良さそうです。


PCゲームはやる予定ですが、応答速度が速くないと困るようなゲームはあまり遊ばないと思うので、IPSパネルのPCモニターに決めました。


条件に合ったPCモニターの中から良さそうなのを幾つか。

f:id:kanatapc:20190505080651j:plain


Acer
RG240Ybmiix

・応答速度が1ms
AMD FreeSync
・Black Boost機能搭載
HDMI端子が2つ
・スピーカー内臓
・フレームが薄い
フリッカーレス・テクノロジー
ブルーライトシールド機能

IPSパネルで応答速度が1ms、さらに多機能。
ゲーム用途でも使いやすいそうです。



f:id:kanatapc:20190505083527j:plain

iiyama
XUB2390HS-B3

・高さと角度の調節の幅が広い
・縦横90°回転ができる。
画面を縦にして使える。
ブルーライト低減機能
・オーバードライブ回路機能搭載
応答速度が最大5msまで改善
アスペクト比固定拡大モード搭載
・多彩な画質調整機能

縦画面にして使えるのは面白そう。
自分好みの画質に調整えるので、画質に拘る人向けかな。


f:id:kanatapc:20190505085659j:plain

I-O DATA
RDT242XPB

・オーバードライブ機能で応答速度が3.2ms
・Night Clear Vision
フリッカーレス設計
HDMI端子4つ
・リモコン付き

ゲーム向けのPCモニター。
PCゲームやりまくるぞ!って人にはいいかも。
リモコンが付いているのが地味に便利そう。


f:id:kanatapc:20190505090558j:plain

ASUS
VZ239HR

・パネルが薄い
・フレームレスデザイン
ブルーライト軽減機能
フリッカーフリー技術
・スピーカー内臓

コスパが良いモニター。
薄いモニターでデザインも良い感じ。
価格は安いが、性能が低いわけではない。



とりあえず4つ程見つけてきました。


ゲームを重視するかどうかで選ぶPCモニターが決まりそうな感じです。


自作PCを組むまで、まだまだ時間があるので、他にも良さそうな、PCモニターがないか探してみようと思います。

自作PCのパーツ選び~グラボ編~

こんにちは
カナタです。🤖

今回はグラフィックボートを選んでいきます。


グラフィックボートは、PCでゲームするなら、是非とも搭載しておきたいパーツですね。


ちなみに「グラフィックボート」と「ビデオカード」は呼び方が違うだけで同じ物らしいです。


f:id:kanatapc:20190503073807j:plain


グラフィックボードとは、モニターにPCの画像や映像を映すために必要なパーツです。


基本的に、IntelのCPUにはグラボの機能が付いています。なので、グラボが無くてもモニターにPCの映像を映すことができます。


しかしAMDのCPU、ryzenシリーズには一部の物にしかグラボの機能が付いてません。PCの映像をモニターに映すのにはグラボが必須になります。


Ryzen 5 2400G」など最後に「G」が入っている物はグラボ機能が付いているので、グラボが無くてもモニターに映像を映すことができます。


自作PCには「G」が入っていないryzenを使う予定。そしてPCでゲームもやる予定なので自作PCにはグラフィックボートを搭載します。


あまりゲームをしない人は、グラボ機能が付いているCPUを使えば安く自作PCが組めます。「Ryzen 5 2400G」なら、グラボを搭載しなくも遊べるゲームも多いみたいなのでオススメです。



そして自作PCには、どのグラフィックボートを使用するか。


基準はGTX1060 6GB
価格は3万円前後


GTX1060は、凄く重たいゲームをする意外の事では、困ることが無さそうな性能をしています。

グラフィックボートを選ぶ時には、GTX1060を基準に、どれを買うか考えている人が多そうです。


しかし、いまだと1660Tiの方が良いかも。
価格は1660Tiの方が、5.000円ほど高いですが、性能は凄く上がるみたいです。悩みどころですね。


そして、次のグラボは、

RX570
価格は17.000円ぐらい。


RX570はGTX1060と比較すると、

価格が安い
少し性能が低い
消費電力が高い
音も大きい?

みたいです。


RX570は、GTX1060から少し性能が落ちるだけで、なんと半額近い価格で買えてしまいます。

消費電力が高いなどのデメリットがありますが、この価格の安さは魅力的です。


他にも高性能なRTX2060、RTX2070、、RTX2080などがありますね。


RTX2060はゲームする上で困ることが無いくらい性能が高いみたいです。しかし価格は45.000円ぐらいと、ちょっと高め。


RTX2070は60.000前後
RTX2080は100.000越えと、PC本体が買えちゃう価格になっています。


グラフィックボートは上を見ると、きりがなさそうですね。自作PCの予算が足りなくなりそうです。



ということでグラフィックボートは手頃な価格の、
RX570、GTX1060、1660Ti
の中から選びます。


そして考えた結果
RX570に決めました。


理由は価格が安いからです。

今年AMDの新しいグラボ「navi」が発売します。ネットを見ていると「navi」に期待している声が大きいので、価格の安いRX570を使用しながら「navi」の発売を待つのもアリかなって思ってます。




とりあえず今回で、自作PCに使う予定のパーツは全て決まったかな。後はzenの発売を待つだけです。


🤖速く発売しないかな~🤖

自作PCのパーツ選び~PCケース編~

こんにちは
カナタです。🤖


今回はPCケースを選んでいきます。


f:id:kanatapc:20190502115818j:plain


PCケースは適当な物でいいかなって感じでしたが、調べてみると、冷却性、静穏性能、見た目、PCケースによっていろいろ違いがありました。

とくに冷却性能と静穏性能は重視していきたいです。



まずは、使用するPCケースのサイズを選びます。


フルタワーは大きすぎるので始めから選択肢に入ってません。


スリムタワーは小さくて、組み立てが難しそうなのと、拡張性が低いみたいなので、今回は使いません。

いつか、PCの自作になれた頃に、スリムタワーで小さいPCを組んでみたいとは思ってます。



残った選択肢のミニタワーとミドルタワー、どっちするか。


小さいミニタワーの方が、省スペースで場所をとらずにすんで良さそうなんですが、自作PC初心者ということで、ミニタワーより組み立てやすいミドルタワーを使おうとおもいます。


大きい分、ミドルタワーの方が冷却性能と静穏性能が高いという理由もあります。



そして~、以上の理由を踏まえて探しだしたのが、


Fractal Design Define R5


というPCケースです。


なんかめちゃくちゃ評判が良いいですね。
静穏性能が良く、静かで、そして拡張性も高くて初心者向けでもあるとか。

ケース前面と底面に防塵フィルターが付いていて埃が入りにくそうなのも魅力的です。


後継機にR6という物もありますが、R5とR6の大きさ比較すると、


R5
232(W)×451(H)×521(D) mm
11.2kg

R6
233(W)×465(H)×543(D) mm
12.4kg


R6はR5より、少し大きく、そして1.2kg重たくなっています。


後継機だけあって、R5よりR6の方が優れている部分が多いようです。

ですがR5は他のミドルタワーケースより、少し大きめみたいなので、それより大きいR6は置く場所に困りそうという事で、R5の方を推しています。



という理由で使用するPCケースは、R5が第一候補になりました。もしかしたらR6の方を使用する事もあるかもしれませんが。

自作PCのパーツ選び~電源編~

こんにちは
カナタです。🤖


今回はPCの電源ユニットを選んでいきます。


f:id:kanatapc:20190501072917j:plain

電源ユニットはPCの心臓部、これがなくてはPCは動きません。


電源ユニットが壊れる時は、他のパーツも巻き込んで壊れることがある、という話題も目にしますね。


なので、できるだけ壊れにくくて、評判の良さそうな電源ユニットを選んでいきたいです。


まずは電源ユニットのメーカーはどこにするか?


これはSeasonicを選びます。

ネットでは紫蘇という愛称で呼ばれているメーカーですね。


このメーカーの電源ユニットは、ネットでの評判が凄く高かったので、Seasonicの電源ユニットを選ぶしかないかなと思いました。


Seasonicは台湾のメーカーで、日本ではオールテック社が販売しているようです。

Amazonで、Seasonicと検索してもオールテックの電源ユニットが表示されるのは、こういう理由だったんですね。



次は電源の容量を選べます。


これは、ドスパラの電源容量計算サイトを使って決めていきます。
https://www.dospara.co.jp/5info/cts_str_power_calculation_main


だいたい、このぐらいになるかなーて感じの構成で計算しました。

f:id:kanatapc:20190501090610p:plain

476Wになりました。
DVDドライブを付けると、526Wになります。

DVDドライブは付ける予定は無いけど、将来付けるかもしれないので計算にいれてあります。


搭載するグラフィックボートによりますが、550W~600Wぐらいあれば問題無さそうですね。


次は電源ユニットのランク

f:id:kanatapc:20190501141608p:plain
←高ランク 低ランク→

高ランクの電源ユニットほど、電気変換効率が良くなるようです。

ランクが高いほど、無駄に消費する電力が少なくなるということですかね。


ランクの高い電源ユニットは、長く使えそうなきがするので、GOLD辺りが良さそう。


まとめ

Seasonic
550W~600W
GOLDランク

になりました。


Amazonで検索した結果

SSR-550FM

が条件にぴったりでした。
7年保証も付いているので安心です。


これで、電源ユニットは決まりました。
次はPCケースを選んでいきます。

自作PCのパーツ選び~メモリ編~

こんにちは
カナタです。🤖


今回は自作PCに使用するメモリ選び。


どのメーカーがいいのか、搭載するメモリは何GBが良いのかを決めていきます。

f:id:kanatapc:20190430013128j:plain

メモリはデータやプログラムを一時的に記憶するパーツとの事。


よく作業台に例えられるパーツですね。

メモリが多い=作業台が大きい。
メモリが少ない=作業台が小さい。
みたいなかんじで。


作業台が大きいと、作業に必要な道具がいろいろと机の上におけるので作業が捗ります。


作業台が小さいと、作業に必要な道具を机の引き出しや、別の場所から持ってくる事になるので、その分、作業が遅れてしまう。

という事らしいです。


まず、その作業台に例えられているメモリを何GB搭載するか決めていきます。

8GB
16GB
32GB

この辺りを搭載している人が多いようです。

8GBは最低でも必要で、普通に使う分には困らなくて、ちょっと重い作業をすると足らなくなる。

16GBは、すごく重い作業をしないなら、使いきることが殆んどないらしいです。

32GB以上は、高画質なグラフィックや動画など扱う作業する人が搭載するみたいです。


自分の使用用途で16GBあれば十分っぽいので、16GBでいきます。


16GBでは足らなくても、メモリは後から増設しやすいみたいなので、必要に応じて買い足していけば問題ないでしょう。


次はメモリの世代。

メモリには世代があって、DDR○、○に入る数字が多きいほど新しい世代です。

世代が新しい方が性能がいいので、一番新しい世代のDDR4使います。

年末ぐらいにDDR5発売するみたいですが、年末まで待てません。


次は使用するメモリのメーカー。

Crucialを選びました。
なんか評判がいいので。


という訳で使用するメモリは

Crucial
DDR4 2666 8GB×2枚
これに決めました。無期限保証も付いているので安心です。


16GBのメモリ1枚を使用するより、8GB2枚の方がパソコンの性能が発揮しやすいようです。
なので8GB2枚にしています。



今まで使っていたノートPCはメモリが4GBだったので、一気に4倍になります。
おおきく性能が上がるので、自作PC組むのが楽しみになってきました。

自作PCのパーツ選び~マザーボード編~

こんにちは
カナタです。🤖

今回は自作PCに使用するマザーボードを選んでいきます。

f:id:kanatapc:20190428050823j:plain


CPUやメモリなど、全てのPCパーツはマザーボードに取り付けることになります。PCにとって欠かすことのできない重要なパーツですね。


他のパーツとの違いは、メモリなどのパーツは別の物に変えるとき、パーツだけを取り替えればいいのに対して、マザーボードを別の物に取り替えるときは、マザーボードに取り付けられたパーツを全て外さなくてはならないのです。


取り替えるのが面倒なパーツなので、長く使っていけるようなマザーボードを使いたいですね。


では、まずは使用するマザーボードのサイズから決めていきます。

ATX
中 Micro ATX
小 Mini ITX

マザーボードのサイズが大きいほど拡張性が高く、取り付けられるパーツも多くなります。小さいと拡張性が低くなりますが、PCのサイズを小さくできます。


まだ、どのPCケースを使うか決めていないので保留にします。ミドルタワーのPCケースを使うならATX、ミニタワーのPCケースならMicro ATXを使っていきたいです。


次はマザーボードのメーカーを選びます。

MSI
ASUS
ASRock
GIGABYTE

このあたりですかね。


メーカーによる差が無さそうなので、なんとなくMSIかASRockあたりにしてみようかと思ってます。


ここまで考えたのですが、結局マザーボードを一つに決められませんでした。しかし、これにはちゃんと理由があります。


CPUはzen2を使用する予定です。しかし、zen2はまだ発売していないので、どのマザーボードがzen2に対応しているのか分かりません。先に買うマザーボードを決めていても、そのマザーボードがzen2に対応していないなら意味がありません。


という理由で、自作PCに使用するマザーボードは、zen2の詳細がでてから、メーカーはMSIかASRock、サイズはATXかMicro ATXマザーボードを選びたいと思います。