カナタの自作PC挑戦記

カナタの自作PCと趣味の部屋

初めての自作PCに挑戦!自作PCを組むための情報を集めてます。

「Ryzen5 3600」のリテールクーラーから「虎徹mark ii」に交換した感想

こんにちは。

カナタです。

 

「Ryzen5 3600」のリテールクーラーから「虎徹mark ii」に交換して一週間程経過しました。なので今回はCPUクーラーを交換して一週間使ってみた感想を書いてみたいと思います。

 

 

まずはCPUを交換しようと思い立った一番の理由である騒音について。

 

これは「Ryzen5 3600」のリテールクーラーから「虎徹mark ii」に交換して、かなり静かになりました。「Ryzen5 3600」のリテールクーラーは、ちょっと不快に感じるような音を出している時がありましたが、「虎徹mark ii」は静かでPCケースに耳を近づけないと音が聞こえないくらいです。PCケースからは偶にHDDの書き込み音か、読み込み音が聞こえるくらい。

 

 

CPUの温度については意外にも変わらないか、少しだけ上がっているような気がします。(CPUクーラー交換前に温度をあまり測ってなかったので正確な情報では無いかもしれません)。「Ryzen5 3600」のリテールクーラーの冷却性能が思っていたより優秀だったのか、「虎徹mark ii」に変えたときのCPUグリスの塗り方が悪かったのかもしれません。

 

 

総評として「虎徹mark ii」に変えてよかったです。

 

 

これならリテールクーラーを使わずに初めから「虎徹mark ii」を使えば良かったかなって感じです。「虎徹mark ii」は取り付けが簡単なように見えますが本体のサイズが大きいので、一度PCを組んだ後でCPUクーラーを「虎徹mark ii」に交換しようと思ったらPCケース内部の作業スペースを確保しづらく取り付けの難易度が上がります。自分は作業しやすいように、PCケースからマザーボードを取り外してCPUクーラーの交換作業しました。面倒くさかったです。

 

 

そんなわけで、これから自作PCを組み予定があって、CPUクーラーは後から変えようと考えている人は後から交換するのではなく、初めから取り付けるのをオススメします。後から交換する場合だと、自分のようにスッポンしてしまう可能性もあるからね。

 

 

 

 

おわり。

翻訳機能もついている!Androidエミュレータ「BlueStacks」

こんにちは。

カナタです。

 

 

最近はPCでスマホのゲームよくプレイしています。やっぱりスマホタブレットのバッテリーを気にせずに遊べるのがいいですね。前に「NoxPlayer」をインストールしましたが、今回は新しく「BlueStacks」をインストールして、PCでスマホのゲームを遊ぶ環境を強化したいと思います。

 

スマホのアプリをPCで動かすための「androidエミュレータ」はいろいろありますが「NoxPlayer」では動かないスマホのゲームは、「BlueStacks」なら動くことがあるらしいという理由で今回は「BlueStacks」使います。ついでにインストールと使い方を書いていきます。

 

 

まずは「BlueStacks」のホームページから「BlueStacks」をダウンロードします。

「BlueStacks」ホームページ↓

https://www.bluestacks.com/ja/index.html

 

f:id:kanatapc:20190822200847p:plain

 

ダウンロードしたファイルを開いて、今すぐインストールをクリックすると、インストールが始まります。

f:id:kanatapc:20190822201249p:plain

 

これで「BlueStacks」のインストールは終わり。あとは「Google Playストア」開いてログインします。

f:id:kanatapc:20190822201752p:plain

 

f:id:kanatapc:20190822202213p:plain

 ④

後は好きなアプリを検索して、ダウンロードするだけ。

f:id:kanatapc:20190822202919p:plain

 

 

これでPCでスマホのゲーム遊ぶ環境がほぼ整いました。しかし「NoxPlayer」と「BlueStacks」を使っても動かないスマホのゲームもあるみたいです。ちょっと残念ですね。

 

 

今回インストールした「BlueStacks」には「ゲーム内リアルタイム翻訳機能」というものがあります。キーボードのショートカットキーを押せば、ゲーム内に表示されている英語などを日本語に翻訳してくれます。

 

 

翻訳用のショートカットキーの設定方法。

「BlueStacks」の右上にある歯車をクリックして環境設定を開きます。

f:id:kanatapc:20190822210137p:plain

環境設定の左にあるショートカットキーをクリックして。一番下までスクロールすると自動翻訳という箇所があります。自動翻訳の右にある赤丸で囲んである部分を消して、翻訳する時に使いたいキーボードのキーを押すと、ショートカットキーとして設定されます。自分は「Shift+L」に設定しました。キーボードのShiftとLを同時に押すと翻訳できるようになります。

f:id:kanatapc:20190822210639p:plain


これでゲームのプレイ中に翻訳したい場面に遭遇した時、設定したショートカットキーを押せば日本語に翻訳してくれます。日本語版のない海外のゲームを遊ぶときに活躍してくれそうな機能ですね。

 

 

 

おわり。

大失敗!CPUクーラーの交換

こんにちは。

カナタです。

 

 

今回はCPUクーラー交換の際に起こった出来事を書いていきます。

 

PCを使っていると、「Ryzen5 3600」の付属しているリテールクーラーが意外とうるさいなっと思い、新しいCPUクーラーに交換しようと思いました。

 

そしてAmazonで注文した「虎徹 MarkⅡ」届いたので、早速CPUクーラーを交換しようと、「Ryzen5 3600」のリテールクーラーを外そうとしたら。

 

 

f:id:kanatapc:20190818193229j:plain

スッポン!すっぽん!スッポンしちゃいました!!!

 

 

Ryzen」のリテールクーラーに付いているグリスは粘着性が高いみたいで、CPUクーラーとCPUが強く引っ付いてしまい、CPUクーラーを外す時に、CPUクーラーと一緒にCPUも外れてしまう事が多いらしいです。これによってCPUのピンが折れたりして、CPU自体が壊れてしまいます。

 

まさか自分がこのスッポンに遭遇することになるとは思っていなかったので、やってしまった瞬間、頭の中が真っ白になりました。

 

幸いCPUのピン折れがなかったみたいなので、スッポンしてしまったCPUは、そのまま使ってみます。

 

 

CPUクーラーに引っ付いたCPUは、CPUクーラーをドライヤーで温めながらグリスを柔らかくして、マイナスドライバーを使い、テコの原理を使って取り外しました。

 

 

その後、ちょっとした不注意でCPUの裏面、ピンの付いているほうにグリスが付いてしまいました。ピンの付いているほうにグリスが付いたまま使ってしまうと、ショートして壊れてしまうらしいので、無水エタノールと綿棒を使って除去。

 

 

そしてCPUソケットにCPUを設置!

f:id:kanatapc:20190818193325j:plain

うまくハマりましたー!

気づいてないだけで、どこかのピンが折れていて、うまくハマらないと思っていたので、ちゃんと設置できて良かったです。とりあえず一安心。

 

後はCPUをもう少し洗浄して、グリスを塗り「虎徹 MarkⅡ」を取り付けます。これが意外と大変でした。「虎徹 MarkⅡ」が大きいのでPCケースにマザーボードを入れたままだと作業がしづらい。なので一度マザーボードをPCケースから外して作業しました。

 

f:id:kanatapc:20190818193246j:plain

 

とりあえず完成!

あとはCPUか、他の部分が壊れてないかをPCを起動して確認しましたが、特に問題なくPCが使えてました。一安心です。本当に一時はどうなるかと思って絶望してました。

 

 

これから「Ryzen」で自作PCを組む人は、リテールクーラーに付いているグリスを使わずに、別のグリスを購入して使うことをお勧めします。千円未満の金額で、数万円のCPUを守れると思えばやらない理由がないくらいですね。

 

 

今回、動揺しながら作業していたので、作業途中の写真をいくつか取り忘れてしまいました。

 

 

 

おわり。

 

 

CPUの温度を確認するソフト「Core Temp」

こんにちは。

カナタです。

 

 

PCでゲームをしていると、CPUファンの音が大きくなり、いまCPUの温度はどのくらいになっているんだろうなっと思うことがあります。そこで今回はCPUの温度を確認するソフトをインストールしてみました。

 

 

CPUの温度を確認するのに使うソフトは「Core Temp」というソフトです。「Core Temp」のダウンロード、インストール方法を書いときます。

 

まずは「Core Temp」のサイトに行きます。

https://www.alcpu.com/CoreTemp/

 

More downloads...をクリックして。

f:id:kanatapc:20190811050454p:plain

 

 

使っている「Windows」が32bitなら32bitを、64bitなら64bitをクリックして「Core Temp」をダウンロードします。

f:id:kanatapc:20190811050710p:plain

 

Japaneseを右クリックして名前を付けてリンク先を保存を選択。名前は変更せずに保存してください。

f:id:kanatapc:20190811051752p:plain

 

②でダウンロードした「Core Temp64」を解凍してできた、「Core Temp64」のフォルダの空白部分を右クリックして、新規作成→フォルダーを選択して、新しいフォルダーを作ります。

f:id:kanatapc:20190811053207p:plain

 

④で作った新しいフォルダーを右クリックして、名前を変更を選択して「Languages」という名前に変えます。作った「Languages」というフォルダーの中に、③でダウンロードした「ja-JP.lng」を入れます。

f:id:kanatapc:20190811054404p:plain

 

これで「Core Temp」のダウンロードから、日本語化までできました。

「Core Temp.exe」をクリックすれば「Core Temp」が起動します。

 

f:id:kanatapc:20190811055358p:plain

 

 

ベンチマークを回す時や、CPUに負荷がかかっているなって時は、このソフトを使ってCPUの温度を確認したいと思います。

 

 

 

 

おわり。